薄毛治療は長期戦

medicine bottles

男性の悩みは下半身だけではありません。もう一つ深刻なものとして髪の毛の問題があるでしょう。髪も老化の進行とともにどんどん抜けてしまいます。それも仕方のない事ですが、やはり気になってしまうかtも多いでしょう。
実は薄毛には老化によるもの以外に、ホルモン異常によって発生する抜け毛があります。AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響でどんどん髪のボリュームがなくなっていきます。AGAは若い男性にも見られる症状で、20代の男性にも発症する可能性があります。AGAとの戦いは長引きますので、症状が現れた際は、すぐに対策を取りましょう。

AGA対策の薬はフィンペシア呼ばれる薬です。フィンペシアは頭皮のDHTという男性ホルモンの発生を抑制します。DHTとは髪の成長をとめてしまうホルモンで、髪が成長しないので、細く弱い毛しか生えなくなり、細い毛はボリューム感がないので、全体のボリューも少なくなります。
フィンペシアでDHTを抑えることができれば、そこから強く太い髪が生えてきます。フィンペシアは薄毛の原因を根こそぎ退治してくれるのです。
ただフィンペシアは継続の服用が必須で、さらに効き始めるまでに長い年月を要する場合があります。研究結果によると、3年間服用を続けた場合は8割以上の人が増毛を実感しました。人によっては2、3ヶ月の方も居ますが、それはそれぞれの体質によるようです。薄毛は放置しても良くなりませんので、長期戦覚悟でフィンペシアの服用を始めましょう。